組合理念

人が人として大切にされる社会をめざし
保健・医療・介護の事業と運動をとおして
さまざまな人たちと手をつなぎあい
平和とくらしを守り
健康で明るいまちをつくります。
水島南診療所の紹介
 当診療所は医療生協の無床診療所として1958年に開設し、主に水島地区の南部を中心として地域の方々の健康を守り続けてきました。最近では特に在宅医療に力を入れており、訪問診察と訪問看護を利用される方が飛躍的に増加しています。

 所長の前医師は長い診療経験を持つベテランの医師で、病気の診断・治療はとても正確です。それだけでは無く、患者としての生き方・最期の迎え方に深い考えをもっています。趣味も多彩であり、尺八や園芸、料理、歴史にまつわる随筆、旅行など、話をすればわかりますがとても気さくな先生です。
前 律夫 所長の紹介
mae_face.jpg日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
介護支援専門員
倉敷市介護認定審査委員など。

あだ名は「どろえびす」。
水島南診療所の基本方針
安全で安心な医療サービスの提供
日常診療を強化し、手遅れの癌患者をださない。
健診を通して健康予防の意識を広げる。
医療生協運動の充実をめざす。

最近のブログ記事

ご無沙汰していました
どろえびすの診療日記
どろえびすの世相横断、政情縦断 6 &n…
どろえびすの診療話
東北大震災に被災されたみなさんに心よりお…
どろえびすの診療話( )「寒さで人が死ぬっていうこと」
87歳のAさんの家に往診に行った。 Aじ…
どろえびすの診療話.2011.1.17.
ま、今時の女性の81歳と言えば死ぬにして…