菅さんや志位さんが好きな人だったが・・・

| コメント(0)

 わたしの住んでいる家の前に四軒の借家がある。一番前の家に住んでいるNさんは75歳。無職だが以前は少々危ない橋も渡ったこともあると自分で言っていた。まじめな息子さんと二人住まいで,

息子が出勤すると洗濯に精をだし、鼻の下のヒゲもいつもきっちり手入れをし、こざっぱりとした身なりをしていた。わが家の飼い犬のリリをとても可愛がってくれた。アルコールが好きで毎日夕方はかなり飲んでおられたようであった。座骨神経痛様の痛みがあるというので整形外科に紹介してあげたりする仲であったが、ある日酒をのんで転倒してC病院を受診し、「硬膜下血腫」で手術された。元気になっている、と聞いていたのに突然亡くなられてしまった。とうとう会えず仕舞いであった。今の時代では75歳は若かすぎる。

 生前この方は「今の政治家はだめじゃあなあ、しゃんとしているのは菅さんと志位さんぐらいじゃあなあ、」と言っていた。菅さんが首相になったのを知ったら喜んだであろうが・・・・。

 でも、わたしはそれほど単純に新首相の登場を喜んでいるわけではない。

 だって、鳩山政権の「日米協同声明」を継承すると言うし、消費税増税路線を打ち出しているんだから、かつての「庶民派」は薄れてしまっているのではないか、と懸念しているのはわたしだけだろうか。Nさんは菅首相の出現をみないで亡くなったが、菅さんにはNさんの期待に違わない政治をやってもらいたいものです。

 なんで、早く診断のついた「硬膜下血腫」で亡くなったんかなあ、わからないなあ。

 (2010.6.7.)

コメントする

最近のブログ記事

ご無沙汰していました
どろえびすの診療日記
どろえびすの世相横断、政情縦断 6 &n…
どろえびすの診療話
東北大震災に被災されたみなさんに心よりお…
どろえびすの診療話( )「寒さで人が死ぬっていうこと」
87歳のAさんの家に往診に行った。 Aじ…
どろえびすの診療話.2011.1.17.
ま、今時の女性の81歳と言えば死ぬにして…