どろえびすの診療日記

| コメント(0)

どろえびすの世相横断、政情縦断 6

 

 なんともはや、与党の民主党の体たらくは見るにたえない。松本

復興相が決まったとき「わたしは、民主党も自民党も公明党も嫌い

だ」と述べたのを聴いて、あ、これは久しぶりに骨のある大臣かと

思いきや、失言でたったの9日で辞めてしまった。彼の発言は乱暴

だとは思うが、どの大臣も腹の中ではこの男(ひと)と同じように

思っているんじゃあなかろうか。わたしに言わせれば、「お行儀の悪

い言動」が中心、つまり「お品のなさ」が災いしたのではなかろう

かと思ってしまう。

 同じ原発問題でも九州電力の「世論操作」(やらせ)は極めて悪質

である。九電の「やらせメール」事件の報道は数日前に「しんぶん

赤旗」が最初に報じたものだが、九州電力が今話題の玄海原発(佐賀

県)の再稼働に向けて県民向け「説明番組」を開きその会宛に一般

市民を装って運転再開を支持する意見メールを子会社社員等に指示

していたというもの。九電の社長は「投稿をお願いしたのは間違いな

い」と認めたという。もし、社名をもってこんな「やらせ」が行わ

れたとすれば、まさに大企業の国民世論にたいする挑戦であるし、

横暴以外のなにものでもない。

 もし、わたしの属している法人や事業所でこんなことを起こした

社員がでたら、即刻懲戒処分となるだろうし、こんなことが起きな

いように普段からくり返しくりかえし教育を行っているのである。

 電力といえば独占企業であるだけに、利用者の国民に公平・公正

をまもり包み隠さず公開するのが初歩的なモラルではないか。それ

もしないで、「やらせ」とは何事か。責任者は万死に値すると思うし、

いままで電力の公共性に鑑み、利用者・国民に奉仕すべきことを教

育してこなかった社の幹部は総引退しなくてはならないと思う。

                         (2011.7.7.)

コメントする

最近のブログ記事

ご無沙汰していました
どろえびすの診療日記
どろえびすの世相横断、政情縦断 6 &n…
どろえびすの診療話
東北大震災に被災されたみなさんに心よりお…
どろえびすの診療話( )「寒さで人が死ぬっていうこと」
87歳のAさんの家に往診に行った。 Aじ…
どろえびすの診療話.2011.1.17.
ま、今時の女性の81歳と言えば死ぬにして…